オリジナルTシャツ作成前に準備すべきもの

近年、オリジナルのTシャツの需要が急速に高まっています。学園祭や体育祭などで学生たちがクラスごとにオリジナルのTシャツを作成し着用して、学校や幼稚園、保育園の先生たちが運動会のために作成して着用することも当たり前の光景になってきているようです。そのほか、部活動やクラブチームで作成して、企業やお店の内外向けに、卒業・卒園時の記念にと、その他さまざまな場面で見受けられます。そのため、オリジナルのTシャツの業者もたくさんあります。インターネットで検索してみてください、たくさんの業者が出てきます。その数ある中から、使用目的や予算等に合う業者を選びます。インターネットでの注文もできますし、店舗を構えている業者もあります。業者に注文する際に必要なものを確認していきましょう。

オリジナルのTシャツを注文できる業者

オリジナルのTシャツを作成するにあたって、最初に決めておきたいのは予算です。一口にオリジナルのTシャツと言ってもピンからキリまでありますので、予算を決めておかないと選択が難しくなります。ものすごくお得な料金で作成できる!と飛びついて注文して、いざ商品が届いてみたら、縫製が雑だったり生地が弱かったり色落ちしたり、というケースもあります。それでも、目的がたった一日限りのイベント時の着用としてや、どうしてもこれ以上の出費はできないとか、そもそもそんなことにはこだわらない、という方にはもちろんこのお得な商品がいいですね。逆に、多少値が張ってもTシャツの素材やメーカーにもこだわりたい、生地や色はもちろんのこと、タグのデザインにまでこだわりたい、という方には、細部にまでこだわった注文を快く受けてくれる業者さんもたくさんあります。TPOに合わせて業者選びをしてください。

デザインと注文時に確認しておきたいこと

オリジナルのTシャツのデザインは、業者のサンプルの中から選ぶこともできますし、持ち込みもできます。自分で作製したデザインやイラストや写真もプリントすることができます。プリントやインクの種類、デザインの面積や個数、文字入れの数などによって金額が異なる業者もありますのでチェックが必要です。大抵の業者は、デザインをパソコンやスマホからデータとして送ることも郵送で送ることもできます。注文する際に大事なこととして、納期の確認があります。注文の内容や繁忙期で注文が込み入っている時期等には、通常よりも時間がかかることがあります。また、注文依頼の途中経過で、やはり内容を変更したい、と思うこともあるかもしれません。目的がイベントなどの場合には、できるだけ余裕を持って注文しましょう。