マンスリーマンションという言葉もかなり世間に定着していますが、実際にどんなところか、どんなところが便利で使いやすいのか、デメリットはないのか、マンスリーマンションを借りる前に知っておきたい情報です。
都心ではかなりの数があるマンスリーマンション。それだけ需要も多くなっているということでしょう。
マンスリーマンションとは、短期の宿泊を目的としたマンションをいいます。
それは数日単位であったり、数カ月単位であったりする用途でウィークリーマンションやマンスリーマンションといいます。
どんな人が利用するのかというと、長期の出張のビジネスマン、長期での旅行、また引越しなどの仮住まいとしてや受験生で数週間滞在しなければならないときなどが多くの理由です。
中には、奥さんとけんかして家を追い出された男性や、ちょっとした気分転換なんかの理由で利用される方もいるようです。

マンスリーマンションのメリットとして一番言えるのは、かばん一つで入居してもすぐに生活ができるということではないでしょうか。アパートを借りる場合、敷金、礼金、保証金など様々な制度があり、しかも数カ月単位で貸してくれるところはほとんどありません。
マンスリーマンションだとこの敷金、礼金は必要ありませんし、短期間でも借りることができます。
そこで数週間、数か月生活するなら、ある程度の家電もそろっていてほしいですが、マンスリーマンションでは、家具やテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジや炊飯器までそろっているところがほとんどです。
なので、身一つで入居しても、その日からすぐに普通の生活ができるのです。
ホテルだと食事の面ではルームサービスや外食などでお金がかかってしまいますが、マンスリーマンションでは自炊ができるのでその面でのメリットは大きいです。
また、意外と見落としがちな自分の郵便がある、鍵も自分で管理するというのは、長期で泊まるうえではホテルと違ったメリットではないでしょうか。

ではマンスリーマンションで不満に思うことは何でしょうか?
当然家具、家電などは備え付けなので、使い勝手の悪い場合もあるでしょう。
部屋のインテリアも変えることはできないので、自分の好みと違う部屋に住まなければならない場合もあるでしょう。
また、金額の面でも長期で賃貸のマンションを借りたほうが安く済みます。
マンスリーマンションは基本的に全額前払いなので、物件によって差はありますが入居時に100万近くのお金を払うことになります。
それでもホテルで長期泊まるよりはもちろん安く済みます。
自分の用途に合わせて、マンスリーマンションを選ぶかホテルを選ぶか、賃貸を選ぶか賢く決めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*