初心者がオリジナルTシャツを作成する場合の注意点

オリジナルのTシャツを作成する時に気を付けたい点が幾つかあります。著作権侵害をしていないか、予定する作成枚数は何枚か、データ入稿だけでなく、サイトに複数のデザイン素材が用意されているか、Tシャツへデザインを乗せる加工方法が複数あるか、Tシャツ自体の素材が複数用意されているか確認が必要です。事前にデザインが確定している場合、オリジナルTシャツの作成は、Tシャツに施す加工方法の選択と、加工する商品の選択、商品に加工する位置の選択そして、デザインの納品し、注文数を選択する流れになります。デザインが決まっていない場合は注文に進む前に、各制作会社に相談する事や、サイト内のデザイン見本をチェックする事も参考になります。Tシャツ素材や加工方法の検討がつかない場合は、サイト内に作り方ガイドや、加工後の参考画像が分かります。見積もりも合計以外に、内訳が確認でき、利用の内容が分かりやすいサイトが安心です。

オリジナルTシャツの作成を自作した場合と業者に依頼した場合

オリジナルTシャツを作成する時に、自作するか、業者に頼むのか判断に迷います。自身のデザインセンスに自信があり、衣類への転写方法を熟知している場合や、専用の絵の具等で絵を描くことに拘りがある人は、自作が向いています。業者に依頼した場合、用意したデザインと色合いを完全に一致させる事は困難です。印刷に適したデザインが有るので、多くの場合調整が必要です。何十枚も同じ柄を用意したい場合も、業者へ依頼する事が適正です。自作では、同じ柄を何十枚も用意する事は困難です。1枚から作成できる業者もありますが、複数枚作成する必要があれば、自作は選択しに入りにくくなります。印刷に適したデザインを自作する事は難しいですが、デザイン見本の確認や、業者のデザイン担当と相談する事で解決できます。自作では縫い目の際まで描き込むことが可能ですが、業者では、使用するインクの関係や素材の形によって出来ない事もあります。

オリジナルTシャツ作成はどの部分に費用が掛かるか

オリジナルTシャツを作成する際、自作の場合費用は材料費になります。ベースのTシャツに、インク等の染料等、作業内容によって、様々な道具を揃える必要があります。材料をそろえてしまえば、染料等の消耗品を除いて、何度も使用する事が出来ます。自身のイメージを完璧に再現したい人は、自分で調整できる自作がお勧めです。業者に依頼した場合、主に費用が掛かるところは、使用するTシャツベースのオンス数と枚数、加工方法、デザインのサポートを受けたかどうかによります。Tシャツベースのオンス数が小さい場合は、生地が薄く価格も安くなりますが、作成枚数が多くなると、価格は下がります。加工方法は印刷と圧着、刺繍といった加工法方によって、価格が違います。完成品の色彩が豊かなものは、単色のものに比べて価格が高額になります。デザインのサポートを受けた場合は、サポート料が掛かります。料金の幅は出ますが、高い完成度は保証されます。